ブログ

土佐はちきん地鶏を食べて土佐気分 | 浜松町わらやき屋シオサイト汐留ビルディング

2017.08.9
こんにちは、浜松町わらやき屋シオサイト汐留ビルディングPR担当です。

 

高知県の名産に地鶏があるのはご存じですか。有名な幕末の志士である坂本龍馬も土佐の地鶏を好んで食べていました。昔から地鶏がとても有名な県なのです。
そんな高知県、土佐の地鶏を食べてみませんか。食べるだけで土佐に行った気分になれますよ。

 

土佐はちきん地鶏とは




全国の主な鶏の種類は34種類ですが、その内の8種類が高知県原産の鶏です。高知県が鶏で有名なのがよくわかりますね。
はちきん地鶏は、土佐九斤のオスと大軍鶏のメスをベースに交配してできた地鶏です。
はちきんとは、元気、綺麗、働き者などの土佐の女性のはつらつさのことを言う土佐の方言です。
また、土佐九斤よりも一斤軽い八斤であったり、80日かけて育てること、1平方メートルあたり8羽という広々といした飼育環境である特徴をとらえて、はちきんとも呼ばれています。
肉質は脂身が少なく、歯ごたえの良さが特徴です。

 

土佐はちきん地鶏を食べよう




はちきん地鶏は高知県に行かないとなかなか食べられないですが、東京にも食べられる店があります。「浜松町わらやき屋シオサイト汐留ビルディング」は、土佐料理のメニューが豊富で、はちきん地鶏のメニューもあります。
土佐はちきん地鶏 藁焼きは、火が1メートルにも及ぶ強い火力で焼き上げるため、一気に火が通り、表面には藁の香りが漂い、中ははちきん地鶏の旨みが凝縮されます。
むね肉は、塩麹で下味をつけてあるので、柔らかくなっており、外の香ばしさと中の塩麹のほのかな甘さを楽しめます。柚子酢か柚子胡椒で食べると更に美味しさを感じられます。
もも肉は、にんにく醤油で漬けこんであり、藁の香りとにんにくの香りが食欲をそそります。ゆず酢、醤油の実が添えてあり、自分の好きな食べ方で食べられます。
藁焼きの他にも、はちきん地鶏の水炊きがメニューにあり、はちきん地鶏の肉本来の味わいを楽しむことができます。

 

JR浜松町駅 北口より徒歩1分!当店は土佐郷土料理はお酒との相性抜群でどれも絶品。特に他の居酒屋では味わえない『かつをの藁焼き』と『土佐はちきん地鶏』は浜松町わらき屋自慢の逸品です。
『藁焼き』は1メートル以上もの炎を上げ、一気に高温で焼き上げるので旨味が凝縮、また表面にはわらの香ばしい香りが付き、素材の旨味を味わえます。普通の居酒屋では味わえない『土佐はちきん地鶏』のむね肉は塩麹に丸一日漬けこみ、焼きあげます。もも肉もにんにく醤油に軽く漬け込み焼きあげます。ゆず酢、醤油の実を添えておりますので、お好みの味でどうぞ。

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7576-0686

以上、浜松町わらやき屋シオサイト汐留ビルディング店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

浜松町わらやき屋 シオサイト汐留ビルディング店のご案内-浜松町居酒屋-

店舗名 浜松町わらやき屋 シオサイト汐留ビルディング店
住所 〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング1F
アクセス JR 浜松町駅 北口 徒歩1分
都営大江戸線 大門駅 B1番出口 徒歩3分
電話番号 050-7576-0686
営業時間 月〜金・祝前日
ランチ 11:30〜14:00
(L.O.13:30)

17:00〜23:00
(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)

土・日・祝
ディナー 17:00~21:00
(L.O.20:00)
定休日